新潟県議会議員 尾身孝昭(おみたかあき)公式ホームページ 活動報告

新潟県議会議員 おみ孝昭 公式ホームページ

コンテンツ
トップページへ
プロフィールのページへ
政治姿勢のページへ
議会活動のページへ
活動報告のページへ
後援会のページへ
リンクのページへ

アクセス

尾身孝昭事務所
〒948-0004
新潟県十日町市下川原町17-1
TEL 025-752-7011
FAX 025-752-6095
E-mail info@omitakaaki.jp


活動報告

平成24年 10月の活動報告です。
写真をクリックすると拡大でき、もう一度クリックすると元に戻ります。
※写真のまわりの線が点線の写真は拡大できません。

■10月31日 にいがた22の会

国土交通省北陸地方整備局 橋場克司局長 の講話

10月31日(水)「にいがた22の会」勉強会に国土交通省北陸地方整備局橋場克司局長より「今後の社会資本整備について」と題して講話。 五十嵐会長より地方の守権があるから国家主権があると挨拶。

国土交通省北陸地方整備局 橋場克司局長 の講話

■10月24日〜26日 新潟県議会砂防議員連盟視察

【10月24日(水)1日目 高知県安芸郡北川村 奈半利川(なはりがわ)流域】
平成23年7月19日の台風6号による連続雨量(7月17日15:00〜20日4:00)1,199mmの豪雨により発生した土石流災害。 約32万立方メートルの崩壊土で国道493号が95日間通行不能、まさに命の道が寸断された。
「近世土佐の災害」から抜粋、江戸時代の高知で起こった地震や洪水など災害について。 狂歌の説明『這(にげ)わかれ小高坂(こだかさ)山の峰(みね)に出る汐干(しおひ)と聞(きけ)ば早帰(はやかえ)り来(こ)む』 意味:這うように逃げ別れて小高坂山の峰に出た。津波が引いたと聞いたらすぐ帰りたいなぁ。

高知県安芸郡北川村で平成23年7月に豪雨により発生した土石流の様子。

高知県安芸郡北川村で平成23年7月に豪雨により発生した土石流の様子。

【10月25日(木)2日目 徳島県】
国交省四国地方整備局四国山地砂防事務所管内、吉野川右支川祖谷川(いやかわ)流域、善徳地区地直轄地辷り対策災害関連緊急事業。 地辷りは安政地震(1854年)に端を発し、当地区は国指定の重要民俗文化財である「祖谷のかずら橋」に代表される観光地があり、観光地に配慮した人工護岸。 写真は人工護岸とパネルの裏側。

人工護岸 人工護岸のパネルの裏側

人工護岸
人工護岸のパネルの裏側

午後から(1)
四国のいのち〜早明浦(さめうら)ダム〜(高知県土佐町)吉野川水系吉野川(延長194km)は暴れ川の名称、利根川の坂東太郎、筑後川の筑後次郎とならび「四国三郎」の異名を持つ。 吉野川の流域面積は四国の1/5。有効貯水容量2億8900万t。
多目的ダム(@洪水調整を行って沿岸の水害防止。A維持用水の確保、流水の正常機能維持。 B新規用水の供給。年間総量8億6300万tの用水を四国四県に供給。C発電、最大出力42000kw約1万戸分)

早明浦ダムにて@ 早明浦ダムにてA

早明浦ダムにて@
早明浦ダムにてA

午後から(2)
大川村鈴ケ谷地区砂防堰堤、急峻な地形からの土石流を防ぐ為。 他にも間伐材で谷止めしている所もあり台風と共に豪雨の多い地域の対策。

大川村鈴ケ谷地区砂防堰堤

【10月26日(金)3日目 愛媛県東温市重信川砂防】
河床勾配急峻で全国でも有数の急流河川。
写真:平成11年9月台風16号被害。
写真:「除ケ(よけ)の堰堤」は瀬戸内海の島石を1万7千個余り使った石積工法で昭和10年に完成。 歴史的な土木構造物として高く評価され、現在においても圧倒的な造形美を誇り、土砂流出防止の機能を維持しており平成13年4月24日に文化庁の登録有形文化財に指定された。 記念碑の裏には千字を越える碑文が刻まれ、工事に心血を注いだ延べ人数は147,256人を数え、一日1,000人にも及び、 青年団や女子青年諸氏は得た賃金を満州国出兵将士の慰問金として或いは青年会館の建設資金、武道用具購入資金に当てた美談は今も語り継がれている。 平成16年9月に「重信町」と「川内町」が合併して「東温市」になった。
災害は山腹工、砂防ダム、流路工などにより防ぐ。

平成11年9月台風16号被害
除ケ(よけ)の堰堤の説明看板 登録有形文化財に指定されている除ケ(よけ)の堰堤 記念碑

平成11年9月台風16号被害
除ケ(よけ)の堰堤の説明看板
登録有形文化財に指定されている除ケ(よけ)の堰堤
記念碑

■10月23日 新潟県中越大震災8周年10.23のつどい

長岡市立山古志小学校・中学校児童生徒による合唱

「新潟県中越大震災8周年10.23のつどい」(主催 新潟県、長岡市、小千谷市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市)が10月23日長岡市シティホールプラザ アオーレで開催された。 平成16年10月23日17時56分新潟県中越地方の深さ13kmでM6.8の地震が発生、最大震度7を観測した。その後も震度6強が2回、震度6弱が2回、震度5強が8回、震度5弱が6回と活発な余震活動が続いた。 死者68人、重傷者632人含む人的被害者4,863人。全壊3,175棟、大規模半壊2,167棟含む住家被害121,604棟。
写真は長岡市立山古志小学校・中学校児童生徒による曲目「ありがとう」「しあわせ運べるように」の合唱。

長岡市立山古志小学校・中学校児童生徒による合唱

■10月21日 新潟県知事選挙 結果

当選し花束を受け取る泉田知事

10月21日(日)新潟県知事選挙結果。
泉田裕彦知事(50才)が三期目の当選を果たした。
新潟市中央区のホテルで8時の投票終了と同時に当選確実がテレビで報道され万歳が行われた。 当確を果たした泉田知事は愛され信頼される県庁、夢のある新潟県づくりに邁進すると御礼の挨拶。

投票率 43.95% (前回46.49%比ー2.54%) 過去最低
得票数(得票率)
  泉田裕彦 759,718票(前回759,936票) 得票率89(84.62)
  樋渡 57,751票
  赤坂 17,190票

<十日町市>
投票率60.28%
得票数(得票率)
  泉田 27,079票(93.11%)前回は27,154(87.53%)
  樋渡  1,633票( 5.62%)
  赤坂   370票( 1.27%)

<津南町>
投票率66.85%
得票数(得票率)
  泉田 5,584票(92.67%)前回は5,662(86.79%)
  樋渡  364票( 6.04%)
  赤坂   59票( 1.29%)

当選し花束を受け取る泉田知事

■10月21日 十日町市消防団秋季消防演習

十日町方面隊十日町・川治・六箇地区秋季消防演習の様子 川西方面隊秋季消防演習の様子

10月21日(日)平成24年度十日町市消防団十日町方面隊十日町・川治・六箇地区秋季消防演習がJA十日町本店駐車場で、川西方面隊秋季消防演習が道の駅 瀬替えの郷せんだ裏イベント広場にて開催された。 本番さながらの緊迫した中での演習や、日頃から消防団員の「火の用心」のひと声と活動の一歩が市民の心の「火の用心」に繋がっている事に感謝と御礼を申し上げた

十日町方面隊十日町・川治・六箇地区秋季消防演習の様子
川西方面隊秋季消防演習の様子

■10月20日 第12回みつば祭

アリエス&pai paiバンド

10月20日(土)第12回みつば祭(知的障がい者通所授産施設なごみの家・精神障がい者授産施設エンゼル妻有・十日町市身体障がい者福祉センターの三施設合同文化祭)が開催。 江村福祉センター長のギターも参加して「アリエス&pai paiバンド」の演芸コーナー(写真)や作品展示や軽食販売もあり楽しい一日でした。

アリエス&pai paiバンド

■10月20日 十日町産業フェスタ2012

テープカット

10月20日(土)「十日町産業フェスタ2012」が越後妻有交流館キナーレとクロステンで、十日町地域の産業振興の起爆剤とすべく商工会議所主催で開催。

テープカット

■10月20日 十日町市民協働の森づくり「植樹祭」

挨拶 十日町市民協働の森づくり事業の説明

第1回十日町市民協働の森づくり「植樹祭」が10月20日(土)市内八箇関根地内国道253号線に面した旧十日町市民スキー場跡地(昭和46年12月開場した十日町初の市民スキー場はナイター照明19基を備えた本格的スキー場だったが、平成6年10月スキーリフト会社解散と共に使命を終えた。) で開催。ブナの苗木1800本が200人を超える市民や団体の人達で植樹された。

挨拶
十日町市民協働の森づくり事業の説明

■10月20日 第45回十日町市美術展

彫刻部門 祝金婚「絆・許嫁」庭野雅弘様 工芸部門「青釉 大鉢」村山大介様 日本画部門「紫」内山美恵子様 洋画部門「晩秋土堰堤」根津一良様 版画部門「十石十色U」松本山丹様 現代美術部門「ガンジーとキング牧師は・・・」中豊和様 書道部門「王維詩」西潟浩平様 写真部門「明日へのマーチ」田口正樹様

第45回十日町市美術展が10月20日(土)〜23日(火)まで十日町市民体育館で開催。出展279点。(審査講評)
市展賞は 彫刻部門、祝金婚「絆・許嫁」庭野雅弘様。(石彫の少女像、身近な人をテーマに愛情が伝わってくる)自身結婚50年を記念し奥様15才の姿を思い出に、一昨年に続き二回目の市展賞。
工芸部門、「青釉 大鉢」村山大介様。(しっかりとした技術で大鉢をしっかりろくろで造ってます、釉薬もマッチしていて大変すばらしい作品)
日本画部門、「紫」内山美恵子様。(画面いっぱいに紫キャベツを描き重心を左上方に置いたことで変化と緊張感が生まれた)
洋画部門、「晩秋土堰堤」根津一良様。(画面を上下2つに割る構図にしたことでダイナミックな表現になる、作品が大きく見える、これからが楽しみな作家)
版画部門、「十石十色U」松本山丹様。(白い空間を生かした見せ方と、版ならではのシャープな切り口が魅力)
現代美術部門、「ガンジーとキング牧師は・・・」中豊和様。(手描きとコンピューターとどちらも感じさせる現代を生きる技法をうまく使い、色彩もすばらしい作品)
書道部門、「王維詩」西潟浩平様(指の如く筆がよく動き、謁筆を駆使した運筆であるが明るく大きく筆が活躍している。文字の大小、疎密、太細の変化も魅力)
写真部門、「明日へのマーチ」田口正樹様。(希望を与えるタイトルとともに光の捉え方や主役脇役の存在を巧みに生かしており、写真家としての心を鷲掴みにされた)
是非ご覧になって下さい。

彫刻部門 祝金婚「絆・許嫁」庭野雅弘様
工芸部門「青釉 大鉢」村山大介様
日本画部門「紫」内山美恵子様
洋画部門「晩秋土堰堤」根津一良様
版画部門「十石十色U」松本山丹様
現代美術部門「ガンジーとキング牧師は・・・」中豊和様
書道部門「王維詩」西潟浩平様
写真部門「明日へのマーチ」田口正樹様

■10月19日 田川23河川災護岸工事その1安全祈願祭

安全祈願祭の神事の様子 挨拶 現在の田川の状況

10月19日(金)昨年7月末の豪雨災害で被害を受けた1級河川田川の復旧工事「田川23河川災護岸工事その1安全祈願祭」が諏訪神社佐伯宮司の神事のもと、受注された村山土建様の主催で行われた。
写真は安全祈願祭の神事の様子と現在の田川の様子。

安全祈願祭の神事の様子
挨拶
現在の田川の状況

■10月13日 井川純一を応援する会設立総会

挨拶 井川純一選手 下条JXCのユニホーム

10月13日(土)「井川純一を応援する会」(会長山口孝太郎)の設立総会が下条公民館で行われ、新潟県スキー連盟会長として出席。
下条JXC(ジユニア クロス カントリー)チームに所属し、子供の頃は走るのが遅く、クロカンも速い方ではなかったとの事、毎日の努力が今の井川君をつくり現在はソチ五輪を目指して頑張っている。 当夜は地元下条小学校、中学校の児童生徒が井川選手を目標にと目を輝かせ話に聞き入り、大勢の地域住民の皆様と共に応援する会が設立された。

挨拶
井川純一選手
下条JXCのユニホーム

■10月13日 中央工学校同窓会新潟県支部総会

講話 参加した皆さんと

10月13日(土)中央工学校同窓会新潟県支部総会が開催。
「中央工学校と私」と題して講話。 高校2年の冬父が交通事故死、大学進学を断念、織物会社に就職が決まるも高校の先生のアドバイスと姉の仕送りで中央工学校測量科(1年制)に進学。 学生中は勉強に明け暮れ、測量科600人中2番で卒業。そのまま学校に残り助手として働きながら短大夜間部で学んだことや新潟県の公共事業について話をした。

講話
参加した皆さんと

■10月11日 笈タ全野菜新潟工場視察

安全野菜新潟工場の中で

笈タ全野菜新潟工場(十日町市八幡田、代表取締役:根津公彰)を視察。
焼肉を包んで食べるサンチュを室内で作っている。年間約26万株の出荷先は、焼肉店・ファミレス・ホテルなど400店舗へ直販(県外8割)

安全野菜工場の中で

■10月11日 松之山留守原での稲刈り

稲刈りの様子 留守原の棚田の説明看板

10月11日(土)昨年の3月12日長野県境地震で被災した松之山留守原の棚田で復旧した田で稲刈りをしました。

稲刈りの様子
留守原の棚田の説明看板

■10月9日 自民党全国幹事長会議

幹事長会議の様子 安倍新総裁の挨拶 安倍総裁と。右は松本純 衆議院議員

10月9日(火)自民党全国幹事長会議が東京の党本部であり県連幹事長の代理として総務会長の私が出席した。
安倍晋三総裁からは新しい自民党づくりを、成長戦略本部をつくりデフレ脱却と円高対策に向けて日銀と金融緩和策を行う。 未来への投資として地方へ必要な公共事業をし、強靭な日本を作る。「近いうち解散」は国民との約束、政権奪還に向け頑張ります。
石破茂幹事長からは12月9日が山となり総選挙全員の当選目指す。

幹事長会議の様子
安倍新総裁の挨拶
安倍総裁と。右は松本純 衆議院議員

■10月7日 十日町市体育協会体育祭

西方勝一郎会長の挨拶。ステージ下は表彰者の皆さん

10月7日(日)第8回十日町市体育協会(会長:西方勝一郎)体育祭が開催され、長年に亘りスポーツに御貢献された体育功労賞をはじめ 特別賞、優秀競技者賞、奨励賞など市民に夢と感動を与えて頂いたアスリートを含め表彰を受けられた108人の皆さんに感謝です。

西方勝一郎会長の挨拶。ステージ下は表彰者の皆さん

■10月7日 第27回新潟日報杯争奪津南町駅伝大会

選手宣誓を行った中津Aチームの志賀世那君 タスキを受け取る第一走者の小学生女子

10月7日(日)第27回新潟日報杯争奪津南町駅伝大会が各地域で編成された9チームにより津南町内の15区間をタスキを繋ぎ駆け抜ける。 写真は力強い選手宣誓を行った中津Aチームの志賀世那君とタスキを受け取る第一走者の小学生女子。

力強い選手宣誓を行った中津Aチームの志賀世那君
タスキを受け取る第一走者の小学生女子

■10月5日 蘭燃さんディナーショー

挨拶 蘭燃さんのステージ 蘭燃さんの妹のViViさんのアルゼンチンタンゴ

歌手の蘭燃さん(十日町出身、後援会長は春日寛東京十日町会々長)のディナーショーが昨年に引続き東京ベイコートで行われた。 今回のテーマは『rebirth20』デビュー20年の蘭燃さん、心機一転これからも頑張って行くと決意も新たに会場を天使の歌声で包んだ。 ダンサーで妹のViViさんもアルゼンチンタンゴで花を添えた。

挨拶
蘭燃さんのステージ
蘭燃さんの妹のViViさんのアルゼンチンタンゴ

■10月4日 新潟県知事選挙告示・泉田裕彦候補第一声

泉田裕彦候補の第一声

10月4日(木)新潟県知事選挙が告示され(21日投票)、泉田裕彦候補の第一声が新潟市で行われた。 先立って朝7時45分より白山神社で出陣式があり必勝を誓った。
経済産業省から42才で県知事に転身し、8年の間で公債残高を減少し円高デフレ経済の状況下でマイナス金利制度創設や全国下位であった建設業雇用賃金を中位に引き上げる等、新潟県をリードしてきた。
希望のもてる新潟県づくりにこれからの4年間チャレンジする、足の指は折ったがこれからも骨を折ると元気に17日間のスタートを切った。

泉田裕彦候補の第一声

■10月1日 葛ハ垣製麺所会社設立60周年記念式典

葛ハ垣製麺所 玉垣哲郎社長

葛ハ垣製麺所会社設立60周年記念式典が10月1日(月)開催された。
乾麺は「妻有そば」の名前で県内はもとより全国でその味を愛されている。昨今「妻有うどん」も世に出ておりその味と喉ごしを御賞味下さい。
私と玉垣哲郎社長(写真)とは中学が同年で共に今年は還暦を迎え、十日町青年会議所でも活動を一緒し、その温厚な人柄は回りの人を優しい気持ちにしてくれる。

葛ハ垣製麺所 玉垣哲郎社長
⇒先頭へ戻る