新潟県議会議員 尾身孝昭(おみたかあき)公式ホームページ 活動報告

新潟県議会議員 おみ孝昭 公式ホームページ

コンテンツ
トップページへ
プロフィールのページへ
政治姿勢のページへ
議会活動のページへ
活動報告のページへ
後援会のページへ
リンクのページへ

アクセス

尾身孝昭事務所
〒948-0004
新潟県十日町市下川原町17-1
TEL 025-752-7011
FAX 025-752-6095
E-mail info@omitakaaki.jp


活動報告

平成24年 11月の活動報告です。
写真をクリックすると拡大でき、もう一度クリックすると元に戻ります。
※写真のまわりの線が点線の写真は拡大できません。

■11月30日 十日町雪まつり合同プレイベント

十日町きものゝ女王泉田佑子さんと「十日町雪まつり」の字 蘭燃さんのミニライブ 村山達也さんの勝鬨

11月30日(金)雪まつり発祥の地、第64回白い愛の祭典「十日町雪まつり」〜ホワイトミュージアムin十日町2013〜雪まつり合同プレイベントがクロステンで開催された。 2012初代十日町きものゝ女王泉田佑子さんは書家でもあり幟旗にもなった「十日町雪まつり」の字を書いて頂いた(写真)。 泉田佑子さんの話の中で十日町の十の横線は東西であり縦線は南北を表しそれが交わり、9は数字の完全でありプラス1で10は完全を更に超越していると解説。 二部では地元出身の蘭燃さん(写真)のミニライブで盛り上がり、最後は越後まつだい冬の陣の村山達也統括軍師(写真)の勝鬨で締め括った。 キリンユーハークルは「キリンはまちの応援団」のキャチフレーズで24年前に前会長の後藤和夫さんや仲間と共に雪まつりの冠を探していた時、 日本の一番企業にお願いしようとキリンビールさんと雪だるま作戦写真コンテストには富士フイルムさんが良いとお願いしたのが始まりです。

十日町きものゝ女王泉田佑子さんと「十日町雪まつり」の字
蘭燃さんのミニライブ
村山達也さんの勝鬨

■11月29日 中条上町要望会

要望会の様子

中条上町町内会から要望受ける。

要望会の様子

■11月28日 下条東下組地区下貫川砂防ダム竣工祝い

下貫川砂防ダム

11月28日(水)十日町市下条東下組地区下貫川砂防ダム竣工祝いが開催された。
十日町地域振興局地域整備部の三木公一副部長は平成16年に県庁土木部砂防課の係長の時にこのダム計画が始まり、19年に十日町地域整備部の治水課長に赴任、今回は再度十日町で副部長として竣工祝いに出席できる運命を感じたと挨拶。
写真は新潟県土木部から優良工事表彰を受けた(株)生越土建が施工した下貫川砂防ダム。

下貫川砂防ダム

■11月27日 国道403号池尻・室野間道路改良促進協議会総会

総会の前に行われた現地踏査での米持会長の挨拶

11月27日(火)第7回国道403号池尻・室野間道路改良促進協議会(会長 米持實夫)総会が室野克雪管理センターで開催された。
第1回は市町村合併後初の県議選挙(平成19年4月)の前の年である平成18年11月9日の総会に初めて出席し、その場で同席した方より皆さん尾身さんを応援して下さいと激励され、 それを受けて来年は予算を付けると約束し翌年から調査測量が始まり大変喜ばれました。

総会の前に行われた現地踏査での米持会長の挨拶

■11月27日 羽根川の災害復旧助成事業の安全祈願祭

鍬入れする南雲土建(株)田口社長

11月27日(火)昨年の豪雨災害で被害を受けた羽根川の災害復旧助成事業の安全祈願祭が行われた。工事区間は信濃川合流から芋川まで5q、20億円。
写真は護岸工事、六箇橋架け替えや水道管工事も含めた施工業社を代表して鍬入れする南雲土建(株)田口社長。

鍬入れする南雲土建(株)田口社長

■11月25日 災害復興チャリティー飛渡フェスティバル

ステージで三波春雄の「俵星玄蕃」を唄った 出演者全員で「ふるさと」を合唱

11月25日(日)災害復興チャリティー「飛渡フェスティバル」(久保田優実行委員長)が十日町市民会館大ホールで開催された。 中越大震災、豪雪、豪雨災害で被害を受けた心を癒して頂く為に地域おこし協力隊のメンバーからも元気をもらい、飛渡第一小学校(高橋しげ子校長)児童による歌や踊り、地元の伝統芸能など地域住民が一体の会となった。 震災で地元を離れた方も来場され故郷に戻った様だと一緒に楽しんで頂いた。 私も飛渡出身であり一曲と言われて、新潟県出身歌手三波春夫の「俵星玄蕃」を唄った。 450人の観客から18万円を超えるチャリティーが寄せられ災害復興に役立ててほしいと市長に手渡された。

ステージで三波春雄の「俵星玄蕃」を唄った
出演者全員でふるさとを合唱

■11月25日 十日町市議会庭野しげみ議員後援会総会

来年執行される市議会議員選挙に向けて頑張ろうコール

11月25日(日)十日町市議会庭野しげみ議員の後援会総会がラポートで開催された。十日町商店街振興組合理事長に就任され益々御活躍の庭野しげみ議員、五期目に向けて力強い決意を発表された。
写真は来年4月21日に執行される市議会議員選挙に向けて頑張ろうコール。
昨年の水害の時にいち早く現場に行き地元の人達に元気と勇気を与えて頂いた庭野しげみさんと共に力を合わせ地域振興に頑張りましょうと挨拶をした。

来年執行される市議会議員選挙に向けて頑張ろうコール

■11月24日 自民党衆議院新潟県第6選挙区高鳥修一十日町事務所開き

山本一太参議院議員からの激励の言葉

11月24日(土)自民党衆議院新潟県第6選挙区高鳥修一十日町事務所開きが行われた。(十日町市高山丙696ー1 ノジマ真電隣り)
山本一太参議院議員をお招きし、高鳥修一さんほど安倍総裁から信頼の厚い人はいないと力強い激励の言葉を頂いた。

山本一太参議院議員からの激励の言葉

■11月23日 高鳥修一衆議院自民党新潟県第6選挙区選挙事務所開所式

高鳥修一氏の挨拶

11月23日(金)高鳥修一衆議院自民党新潟県第6選挙区選挙事務所(上越市西城町1-12-29飯塚ビル)の開所式が行われた。 安倍総裁の「日本を取り戻す」に合わせ、「日本を守る、ふるさとを守る」と高鳥修一氏より力強い心意気を訴えた。

高鳥修一氏の挨拶

■11月22日 妻有議員の会

挨拶 講師の新潟県農林水産部岡村均技監

11月22日(木)妻有議員の会(会長:尾身孝昭)が新潟県農林水産部岡村均技監(昭和29年十日町市春日町生まれ、十日町高校卒業)を講師に「新潟県農業の課題と対応方向」と題して勉強会を開催。

挨拶
講師の新潟県農林水産部岡村均技監

■11月21日〜25日 墨遊小路書展

墨遊小路書展のポスター 記念作品集に「鯨」の文字を書いて頂く

11月21日(水)〜25日(日)泉田香陽(佑子)さんの墨遊小路書展が新潟県立近代美術館にて開催された。
今回のテーマ「共」の字はサイという祈りに使う箱を両手で支えている。 また、書の訳が分かりやすく書かれて、「芸という字は古くは藝と書き、人が若木を植えるという意味がある、芸術は人が木を育てる技術なのかと想像すると少しほっとして身近になる」 「知音(ちいん)とは言葉で語らずとも心と心が響き合う友達のこと」など書と共に解説になるほどと説得力がありました。
泉田佑子YUKO IZUMIRTAさんは新潟大学教育学部書道科卒業。ホテルオークラ新潟のレストランのロゴをはじめ多数のロゴを手掛けた。 2012年初代十日町きもの女王。
写真左:墨遊小路書展のポスター、写真右:記念作品集「右筆」に私の好きな「鯨」の文字を書いて頂く。

墨遊小路書展のポスター
記念作品集に「鯨」の文字を書いて頂く

■11月22日 新潟県議会産業経済常任委員会来市

庭野十日町市議会副議長の歓迎の挨拶 新潟県議会産業経済常任委員会

11月22日(木)新潟県議会産業経済常任委員会(小林一大委員長)が来市、地元議員としてオブザーバー出席。
昨日は松之山温泉のバイナリー地熱発電実証試験施設を視察し、リニューアルした「ひなの宿ちとせ」に宿泊。 本日朝からクロステンで庭野政義十日町市議会副議長が歓迎の挨拶をし、十日町市役所から産業観光部大津部長並びに観光交流課渡辺課長から 「大地の芸術祭」の取組について説明がありその後キナーレを視察した。

庭野十日町市議会副議長の歓迎の挨拶
新潟県議会産業経済常任委員会

■11月21日 一般国道253号「松代道路」開通式典

祝開通のくす玉 テープカット 今回の開通区間

11月21日(水)一般国道253号「松代道路」の交通安全祈願祭、開通式典、祝賀会が開催された。松代高校交差点から池尻交差点まで3.1q事業費86億円。 平成元年より平成24年までの工事期間に松代駅前道路バイパスをはじめ新千年大橋・新大橋の竣工と本日渡り初めをした長者原橋・池尻大橋と合わせ四橋をはじめこれで全線にセンターラインが入った。 取り付け工事期間は迂回路を余儀なくされたが、改めて雪国の道路にあって道路幅員の確保の重要性を感じた。

祝開通のくす玉
テープカット
今回の開通区間

■11月19日 十日町青年会議所歴代理事長会議

右から第56代 山田剛今年度理事長、第34代理事長 尾身孝昭、次年度 涌井紀秀理事長予定者。

11月19日(月)十日町青年会議所歴代理事長会議がまえじまで開催されました。
写真は右から第56代山田剛今年度理事長、第34代理事長尾身孝昭、次年度涌井紀秀理事長予定者。
十日町青年会議所のホームページはこちらです。

右から第56代山田剛今年度理事長、第34代理事長尾身孝昭、次年度涌井紀秀理事長予定者。

■11月19日 自民党新潟県特定地域活性化議員連盟研修会

民芸店の松井キミさん 顔綱(おもづな) 木籠集落に建てられた石碑 水没した高床住宅 総務省の地域力創造グループ過疎対策室山口室長の講演

11月19日(月)自民党新潟県特定地域活性化議員連盟研修会が8年前の中越大震災で大きな被害を受けた長岡市旧山古志村を視察。 芋川が130万uの土砂で塞き止められ集落の三割が水没した木籠(こごも)集落。民芸店で闘牛が強くなると付ける顔綱(おもづな)1000円を買った。
その後、長岡市のホテルで総務省地域力創造グループ過疎対策室山口祥義(よしのり)室長から「過疎地域振興の現状と課題」と題して講演会を開催した。

民芸店の松井キミさん
顔綱(おもづな)
木籠集落に建てられた石碑
水没した高床住宅
総務省の地域力創造グループ過疎対策室山口室長の講演

■11月17日 十日町剣友会創立60周年記念剣道講演会

栄花直輝氏と 栄花直輝氏の講演 特別講習会の様子

11月17日(土)十日町剣友会(会長:田川正幸)創立60周年記念に栄花直輝氏の剣道講演会が十日町総合体育館で開催された。 目標を持て、「清新」清く新しくいつも同じ事の繰り返しが夢を叶える第一歩、「夢は逃げない、逃げるのは自分」。その後、参加者に特別講習会が行われた。
高校時代の恩人故野本郁太郎先生の言葉「剣は心なり、心正しからざれば剣また正しからず。剣を学ばんと欲する者は、まず心を学べ」と教えられた。面の奥の目と目の勝負と挨拶をした。
《栄花直輝氏プロフィール:剣道教士7段、2000年第48回全日本剣道選手権大会並びに同年アメリカで開催された第11回世界剣道選手権大会で個人優勝。1967年北海道生まれ。小学1年生より剣道を始める。東海大学卒業後北海道警察本部に奉職。》

栄花直輝氏と
栄花直輝氏の講演
特別講習会の様子

■11月16日 自民党新潟県連選挙対策本部の設置

選挙対策本部の看板の前で帆苅幹事長、早川政調会長と共に。

11月16日(金)衆議院の解散を受けて自民党新潟県連に選挙対策本部が設置された。

選挙対策本部の看板の前で帆苅幹事長、早川政調会長と共に。

■11月15日 雪化粧

雪化粧をしたベルナティオ

11月15日(木)雪化粧した今日のベルナティオ。

雪化粧したベルナティオ

■11月14日 平成25年度予算団体要望会

要望会での挨拶

11月14日(水)自民党新潟県連に対して平成25年度予算団体要望会が県庁議会庁舎自民党会議室で行われ、総務会長として挨拶。 50団体から要望はあるが当日は2班に分かれ26団体の口頭要望を受けた。

要望会での挨拶

■11月12日 参議院議員佐藤のぶあき著書出版記念パーティー

佐藤信秋先生の挨拶。左下は歌手の小林幸子さん。

11月12日(月)東京明治記念館にて参議院議員佐藤のぶあき著書、社会資本整備ひと筋の集大成『「五強」防災立国論』出版記念パーティが開催された。 子供の頃新潟地震で橋やマンションが倒壊したのがきっかけで建設省(現国土交通省)に入省。 災害の多い日本を強くしなやかに。 @国民が歴史的に有している人々の絆A命と財産を守るインフラB日々の暮らしが根ざすふるさとC指導者のリーダーシップD国難に対応できる制度、の五つを強くする「五強」によって強靭な国土をつくる「防災立国」。
新潟県に生まれ、京都大学大学院修士課程修了・建設省入省後・国土交通省道路局長・技監・事務次官歴任。 歌手で幼馴染みの小林幸子さんも激励(写真左下)。

佐藤信秋先生の挨拶。左下は歌手の小林幸子さん。

■11月11日 自民党新潟県連政経文化セミナー

時事通信社解説委員長 田崎史郎氏 安倍総裁

11月11日(日)自民党新潟県連政経文化セミナーが新潟市中央区のホテルで開催され、時事通信社解説委員長田崎史郎氏が「日本の政治は良くなるか、政権奪還をめざして」と題して講演した。 現在の自民党役員は最強の布陣、政治は「情と理」が大事。田中角榮は慈愛に満ちた思いやりのあった人で困った人を助ける政治をやった。 大臣にしてはならない人を就けた野田総理の責任は重い。今民主党執行部の心配は離党者を出さない事と選挙に負ける事。歴代で駄目な総理大臣は鳩山と管の二人。
第二部では総務会長の私が司会進行役を務めた。第25代自由民主党安倍晋三総裁は野田総理の近い内解散発言について嘘つきとは言わないが嘘はつかないでと言っている。 日本海時代は必ず来る。 新潟県選挙区1区石崎徹、2区細田健一、 3区斎藤洋明、4区金子恵美、 5区長島忠美、6区高鳥修一。 来年7月の参議院選挙では新潟選挙区は塚田一郎、全国比例区は佐藤信秋の紹介を総裁自ら一人ひとり行い来場者にお願いした。

時事通信社解説委員長 田崎史郎氏
安倍総裁

■11月10日 SL信濃川ロマン号出発式

後向きのSLの前で レスリングの小原夫妻や市長と

11月10日(土)飯山線十日町駅で「SL信濃川ロマン号出発式」が行われ、昭和21年製造されたSL(Steam Locomotive)蒸気機関車 C11 325が40年ぶりに長岡駅に向けて出発した。 (回転場が無い為)後ろ向きで本線を走るのは珍しいとの事です。

後向きのSLの前で
レスリングの小原夫妻や市長と

■11月10日 浦田小学校閉校記念式典

8人の児童による太鼓の演奏 来年3月現在の校門に取り付けられる銘板

11月10日(土)十日町市立浦田小学校(校長:小松敦 全校児童8人)の閉校記念式典が行われた。 松之山町立浦田小学校から8年前に市町村合併で十日町市立となり本日137年の歴史に幕を閉じた。 昨年の長野県境地震の時には体育館に身を寄せ合って過ごし、地域の核となっていた学校の閉校を惜しんだ。
写真は8人の児童による太鼓の演奏と来年3月現在の校門に取り付けられる銘板。

8人の児童による太鼓の演奏
来年3月現在の校門に取り付けられる銘板

■11月7日 尾身孝昭を囲む企業・団体の会

講師の岡田幹彦様 県政報告の様子

11月7日(水)「新潟県議会議員 尾身孝昭を囲む企業・団体の会」(代表世話人:太田久美氏)が開催され、200名を超える方々からご参加いただきました。
県政報告会の後、日本政策研究センター主任研究員の岡田幹彦様の講演(歴史と人物に学ぶ「二宮尊徳」)。 第2部として自民党県連総務会長会長就任祝賀会が行われ、泉田裕彦新潟県知事をはじめ多くのご来賓の皆様からもご出席を頂きました。

日本政策研究センター主任研究員の岡田幹彦様
県政報告会の様子

■11月7日 吉田中学校優勝報告

泉田知事と吉田中学校の選手・先生 泉田知事と握手

十日町市立吉田中学校が11月2日(金)長岡市越後丘陵で行われた「第22回新潟県中学校駅伝競走大会」で平成22年に次いで2回目の男女アベック優勝。
11月7日(水)ラポート十日町で泉田知事に優勝報告。全校生徒82人の小さな学校から3年間で二度のアベック優勝に知事も感激し激励した。
男子は、2位の小千谷南に1分以上の大差を付けて優勝。女子は、4区で鳥屋野中に追いつき、5区の最終ランナーが19秒差でゴールに飛び込む「奇跡の逆転劇」。 吉田中学校の他、男子は津南9位、十日町16位、女子は津南5位、南8位となっている。参加チームはそれぞれ42チーム。

泉田知事と吉田中学校の生徒・先生
泉田知事と握手

■11月4日 さわらび秋まつり

さわらび女性合唱団 水辺公園のトイレ

11月4日(日)第4回十日町市下条東下組地域の「さわらび秋まつり」(実行委員長:水落義博)が旧東下組小学校体育館で行われた。 小学校が統合になったのをきっかけに始まり、地元で採れた野菜やきのこ他を販売する収穫祭や、地域の子供からお年寄りまで一緒になっての芸能発表など楽しい交流会でした。 写真はさわらび女性合唱団、東下組の帰りに立ち寄った水辺公園のトイレがきれいでした。

さわらび女性合唱団
水辺公園のトイレ

■11月3日 坂本豪大さん

坂本豪大さんと

11月3日(祝)モーグルで長野オリンピック出場、ワールドカップ優勝した坂本豪太さんが友人関口家に来られたので、夜10時過ぎた遅い時間でしたが伺いました。

坂本豪大さんと

■11月3日 北陸信越薬剤師大会・北陸信越薬剤師学術大会

(社)新潟県薬剤師会 長澤敬一会長

11月3日(祝)〜4日(日)第52回北陸信越薬剤師大会・第45回北陸信越薬剤師学術大会が新潟市中央区のホテルにて開催された。 新潟県の医薬分業率は全国第4位。今年春に薬学部6年制第一期生(全国8,000人)が臨床現場に勤務した。
写真は3日の交流会での(社)新潟県薬剤師会 長澤敬一会長。

(社)新潟県薬剤師会 長澤敬一会長

■11月3日 川治公民館まつり

関浅分館の作品「妻有郷錦秋」の前で

川治公民館まつりが開催。公民館活動として地域の人達の作品展や茶道でお点前を、一階では体協会員の作ったたい焼を美味しく頂いた。
写真は毎年菊で作る関浅分館の作品、今年は「妻有郷錦秋」。

関浅分館の作品「妻有郷錦秋」の前で

■11月3日 第8回中里芸能祭

貝野小学校リコーダー部

11月3日(祝)第8回中里芸能祭(主催:中里公民館、共催:中里芸能協会)がUモールで開催された。 写真は十日町市立貝野小学校リコーダー部(4・5・6年生)。

貝野小学校リコーダー部

■11月3日 第25回白倉自慢祭

大勢の皆さんで賑わう白倉自慢祭 白倉自慢祭の会場にて

11月3日(祝)第25回白倉自慢祭が開催された。 小白倉・大白倉集落の皆さんが育てた農作物の販売会。朝から大勢の方々が買い求めていました。

大勢の皆さんで賑わう白倉自慢祭
白倉自慢祭の会場にて
⇒先頭へ戻る